中村奈津美さんの「認知症患者・介護者と認知症状の関係に関する音のコンテンツ制作」

【2019年度なわてんグランプリ|準グランプリ】中村奈津美さんの「認知症患者・介護者と認知症状の関係に関する音のコンテンツ制作」が受賞!

認知症による徘徊の症状があるお祖母様を介護するご家族のために考えられた、音を使った見守りシステムです。

2018年度なわてん

2018年度なわてんグランプリ【AGORA賞】『心拍数の変化で楽曲の展開が変わるシステム』小川宏平さん

2018年度なわてんグランプリ【AGORA賞】に輝いたのは、デジタルゲーム学科の小川宏平さん『心拍数の変化で楽曲の展開が変わるシステム』です。この作品は、音楽を活用して、飽きやすいスクワットなどの単純な運動を楽しく続けられるように考えられたシステムです。