上野貴大さんの「DICOMにおける血管・腫瘍領域分割の精度評価」

【2019年度なわてんグランプリ|友電会賞】上野貴大さんの「DICOMにおける血管・腫瘍領域分割の精度評価」が受賞!

CTスキャンなどで撮影された画像から、脳の中の血管だけを抽出して立体的に表現する精度をあげる研究です。
なんとオープンソースのプログラムを利用しながら、従来より20%も抽出精度を上げることができたそうです。

水野楓さんの「地元の民話をテーマとした奥行きのある切り絵作品の制作」

【2019年度なわてんグランプリ|友電会賞】水野楓さんの「地元の民話をテーマとした奥行きのある切り絵作品の制作」が受賞!

滋賀県の三上山のムカデ退治伝説という民話を題材に、レーザーカッターで切り抜いた板を何枚も重ねて日本の絵巻物や欄間のような表現を用いた作品です。

2018年度なわてん

2018年度なわてんグランプリ【友電会賞】(3)『一筆書きレゴー』和泉勇斗さん

2018年度なわてんグランプリ【友電会賞】3作品目は、デジタルゲーム学科の和泉勇斗さん知育ゲーム『一筆書きレゴー』です。電子部品が組み込まれたブロックをうまく繋げると回路が完成するという知育パズルです。

2018年度なわてん

2018年度なわてんグランプリ【友電会賞】(2)『漫才のテンポについて』堀川友惠さん

2018年度なわてんグランプリ【友電会賞】2作品目は、デジタルゲーム学科の堀川友惠さんによる論文『漫才のテンポについて』です。1回の漫才のステージでの客がウケる回数をテンポとして、それがM1グランプリの審査結果に影響するかということを過去の全てのM1グランプリの映像から分析した研究です。

2018年度なわてん初日

2018年度なわてんグランプリ【友電会賞】(1)『VR空間における布の質感提示に関する研究』佃吉央さん

2018年度なわてんグランプリ【友電会賞】は3作品に送られました。
1作品目は、情報学科の佃吉央さん『VR空間における布の質感提示に関する研究』です。ヘッドセットを付けたVR空間の中での布の感触を再現する研究です。