2013年度なわてん – 直前レポートvol.9 メディアコンピュータシステム学科「ヒューマンインタフェース研究室」にお邪魔してきました~☆


こんにちは!
デジタルアート・アニメーション学科二回生の野田です(´∠_`)<ヤァ

なわてん開催がいよいよ今週末に迫りました!

今回はメディアコンピュータシステム学科の
ヒューマンインタフェース研究室にお邪魔してきました!

「ヒューマンインタフェース研究室」は、
3次元CGや画像処理の技術を利用して、
よりユーザが扱いやすいインタフェイスなどを勉強していく研究室です。

最近では、KinectやLeapなどのデバイスを利用した3次元入力手法や、
スマートフォンに関する研究、AR技術に関する研究を行っているそうです。

ゼミ生の田中さんと五味さんにお話を伺いました!

まず田中さんの卒業研究は
「マーカの表示位置を利用したARサウンドシステムの実現」です。
これは、ARと音楽を組み合わせたアプリで、
マーカをかざすと音が鳴り、画面の表示位置で鳴る音が変わります。

ヒューマンインタフェース研究室

別のマーカでBGMを鳴らしながら、
もう一つのマーカで音を鳴らす事もできるので、
リズムゲームのように遊べるらしいので楽しそうだと思いました!

次に五味さんの卒業研究です。
テーマは「大画面向け3Dタイルメニュー選択手法の検討と評価」です。

3Dタイルメニューとは、
スマートフォンのアイコンが並んだ様なメニュー画面に
奥行きを加えたものだそうです。

ヒューマンインタフェース研究室

奥行きをつくることで、奥にあるものがちらっと見え、
何があるのか把握出来るそうです。

Kinectを使っているので、人が体を動かしてポインタを移動させます。
右手でポインタの移動を、
左手を上げて右手を動かす事で視点の切り替えができます。

少しだけ体験させてもらったのですが、
自分の動きにあわせて視点が奥に行ったり手前に戻ったりして
とても面白かったです!

実際になわてんで体験してみて下さい!

Comments are closed.