「クロスフィールド」外薗さん デジタルゲーム学科 渡部研

2013年度なわてんのゼミ取材レポートvol.2 デジタルゲーム学科ヴィジュアルコミュニケーションデザイン研究室にお邪魔してきました〜☆


こんにちは。
デジタルアート・アニメーション学科二回生の野田です(`・ω・´)ゞ

総合情報学部は、デジタルアート・アニメーション学科、
デジタルゲーム学科、メディアコンピュータシステム学科
(現:情報学科)の三つの学科からできています。

今日は、デジタルゲーム学科の
ビジュアルコミュニケーションデザイン研究室で制作されている
カードゲームをご紹介いたします。

まず、外薗さんの『クロスフィールド』は
カードゲームとチェスを組み合わせた侵略ゲームで、
陣地には陸・水・森・山があり、
プレイ前に自分の陣地を組み立てることができます。

カードにはユニットカードとスペルカードの2種類があり、
スペルカードを使うことで、危機から逃れたり、
有利にすすめたりすることができます。

「クロスフィールド」外薗さん
「クロスフィールド」外薗さん デジタルゲーム学科 渡部研

カードの属性の表現や陣地構築、
戦略性について注目してほしいそうです。

次に、岡本さんの卒業制作について聞きました。

タイトルは『絶対王声 オオセノママニ』です。

これはUNOのようなテーブルゲームを
イメージして作られたもので、
カードを5枚そろえると勝ちになります。

このゲームのコンセプトは「相手を騙して裏をかけ」だそうです。
カードは基本的にグー・チョキ・パーから成り立っていて、
全部で70枚ほどのカードデザインや効果があるそうです。

「絶対王声」岡本さん
「絶対王声」岡本望さん デジタルゲーム学科 渡部研

なわてんで実際に手にとって遊んでみてくださいね!

Comments are closed.